親子の日 絆(KIZUNA)コンクール

親子の日「絆(KIZUNA)」コンクール趣旨

『生まれて初めて出会う「親」と「子」の関係を見つめ、家族、地域、社会、そして自然をも含む全ての環境に敬意をはらい、平和を願う』―
その思いを込めて、写真家であるブルース・オズボーンは2003 年に「親子の日」を提唱しました。
5 月第2 日曜日は「母の日」、6 月第3 日曜日は「父の日」であることから、7 月第4 日曜日を「親子の日」としています。
当団体ではその考えに賛同し、子どもたちが「親子」や「家族」との絆について改めて考え、作品に表現する「親子の日 絆(KIZUNA) コンクール」を2013年から毎年開催しています。

2017年度 親子の日「絆(KIZUNA)」コンクール実施概要

日常で感じた親子・家族の絆!


おとうさん、おかあさん、おじいちゃん、おばあちゃん、きょうだい、いとこ、ペット…
家族と過ごす日常の中で感じた "絆″について考えてみよう。

【作文部門】 【絵・写真部門】のいずれかをご選択いただき、ご応募ください。


<住所>〒110-0015 東京都台東区東上野4-8-1 TIXTOWER UENO15F
      一般社団法人 DAC未来サポート文化事業団 親子の日係 TEL.03-6860-3951

 

 

 

主催 一般社団法人 DAC未来サポート文化事業団
後援 DACグループ/台東区教育委員会/中央区教育委員会/仁木町/ 仁木町教育委員会/余市町教育委員会/京都市教育委員会/ 佐野市教育委員会/町田市教育委員会/小金井市教育委員会/ 八王子市教育委員会/千葉市教育委員会/岐阜市教育委員会/ 東広島市/狛江市教育委員会/東京都教育委員会
応募資格 全国の小学1年生~6年生
全国の中学1年生~3年生
※小学校低学年(1~3年)、高学年(4~6年)、中学校(1~3年)に分けて審査します。
テーマ 日常で感じた親子・家族の絆!
表現方法 親子・家族いっしょに過ごした体験を、作文、絵、写真のいずれかに表現してください。
審査委員 ブルース・オズボーン (「親子の日」提唱者/アメリカ人写真家)
井上 佳子(株式会社オゾン代表取締役)
石川 和則(DAC未来サポート文化事業団 代表理事/ DACグループ代表)
太田 みどり(エイジフリーキャリア研究所 代表)
森 健(元電通ヨーロッパ社長/元電通執行役員)
吉田 和夫(教育デザイン研究所 代表理事・所長/玉川大学教師教育リサーチセンター客員教授)
本目 さよ(台東区議会議員)
審査基準 家族や親子の絆を、自分なりの言葉や発想をもとに、作品に表現できていること。
応募締切 2018年9月14日(金)必着
各賞

(1) 最優秀賞 6名(親子6組12名) 
東京ディズニーリゾートを含む2泊3日の東京親子旅行ご招待


(2) 優秀賞(30名)  図書カード3000円分

その他 (1)応募作品は、返却いたしません。
(2)審査結果は、DAC未来サポート文化事業団LINE@(友だち追加いただけます)内で10月中に発表します。加えて、入賞者の所属校に2018年10月以降に通知します。また、入賞者の氏名、学校名、学年並びに入賞作品の一部については、DAC未来サポート文化事業団ホームページや資料、各後援団体ホームページ等に記載するとともに、報道機関等への情報提供を予定しています。
【個人情報の取り扱いについて】
●応募者の個人情報は、主催:一般社団法人 DAC未来サポート文化事業団の個人情報保護方針に基づき、安全に管理し、保護に努めます。
● 応募者の個人情報は、応募に関する結果連絡、賞品の発送等、本コンクール実施に係る利用の他、最優秀者の旅行実施時の関係諸団体(DACグループ、各後援団体)および、旅行保険加入時の情報共有の目的、DAC未来サポート文化事業団が主催する他イベントのご案内にのみ利用させて頂きます。
●上記以外の理由で個人情報の利用を行う場合には、事前に本人の承諾を得ることとします。
【肖像権の取り扱いについて】
●応募者(特に入賞者)の肖像権(送付の写真、副賞旅行時・表彰式での写真)や応募作品の著作権は、DAC未来サポート文化事業団に帰属するものとし、主催・後援団体のホームページ・SNS・パンフレット・社内研修資料・掲示物・その他関係広報誌などに使用されることに同意の上、ご応募をお願いいたします。

ページの先頭へ

7月の第4日曜日は 親子の日

LINE QRコード