大分県・杵築市自然体験旅行

1.講演趣旨

北極・南極点に歩いて行った社長の次の冒険
「町を救う 北海道ワイナリー構想」」

1月21日に開催された講演会にて好評を博し、再度の講演依頼をいただいて実現する運びとなりました。対象は東京東信用金庫のビジネスクラブ「オーロラ会」会員の方々で、企業家から成る団体です。そこで、これまでの冒険話に加え、現在進めている北海道・仁木町のワイナリー建設プロジェクトについても紹介する予定です。

2.講演概要

日時:2015年5月22日(金) 18:10~19:05
場所:東武ホテルレバント東京

対象:東京東信用金庫ビジネスクラブ「オーロラ会」会員

配布予定のレジュメ。

3.講演会報告

企業家150名に向けて、新規事業に挑戦することの大切さを熱弁

演題を「北極・南極点に歩いて行った社長の次の冒険“町を救う 北海道ワイナリー構想”」として、企業家の方々に向けて講演しました。これまでの冒険話に加え、グループ代表に就任してからの苦節、それを乗り越えたエピソード、これまでの社長業で見つけた企業経営に於ける考え、自身の教訓などについて話しました。また、経営哲学でもある「新規事業への挑戦こそ企業の生き残りをかけた戦だ!」を基に、社長業としての集大成と位置づけている、北海道・仁木町に建設中のワイナリー施設の紹介や、この新規事業にかける思いも話されました。

約150名の企業家を対象に講演しました。

ページの先頭へ